ヒット商品を開発したい

開発技術部平成23年4月入社

仕事内容は?

現在私が携わっている開発技術部の仕事は、大きく分けて処方開発と、工場の調合実機での製造に向けた生産技術的な仕事の2つです。
生産技術としては、当社開発の処方の調合はもちろんですが、顧客が開発した処方を当社の工場の設備で調合できるように調合の手順を調整することが大きな仕事です。

仕事のやりがい

処方開発の初期段階から、実際に工場で調合するまでの最後の段階まで一貫して関わることができるところだと思います。
大手のメーカーだと部署ごとに仕事内容が細分化されていて、ものづくりのほんの一部の専門的な部分しか関わることができませんが、この会社では本当に広い範囲に携わることができるので、化粧品作りに関してとても多くの経験を積むことができることがとても面白いと思います。
また処方開発の段階では、処方が少しずつ改良されてくことが実感できることがとても面白いです。処方開発に苦労した製品が実製造での調合を迎え、製品になっていくのを見たときは大きなやりがいを感じます。

日進化学はどんな会社?

異なる部署同士の繋がりがとても強いことがこの会社の特徴だと思います。
メーカーなので、工場で製品を製造して最終的に出荷するということがゴールだと思うのですが、その1つの同じゴールに向かって工場を中心として各部署が協力しあって仕事を進めていくということを強く実感できる会社であると感じます。

終わりなき挑戦

ヒット商品を開発することです。一時のブームで終わるものではなくそのジャンルの定番となるような、長年製造され続ける製品を開発したいと思っています。
また、自分の得意なカテゴリーを確立することも意識して取り組んでいきたいと考えています。
1つのジャンルのなかで様々な製品を研究して、少しの成分の差が製品の性能に与える影響を細かく見ていきたいです。
そのため、この点については「狭く、深く」を意識しています。ただ、当社の特徴として様々な製品に携わることができるため、「広く、浅く」も重要であると考えており、今後もいろいろな製品に関わっていきたいです。

  社員インタビュー一覧